モビットの審査に必要な3つの条件

3つの条件を守れ。モビットの審査に必ず通る秘策教えます

審査。嫌な響きを持った言葉ですね。このあいだ職場で技術認定会があったのですが、緊張しました。審査員の前で実演するのですが、普段の半分も実力を発揮できませんでした。まあ、なんとか合格しましたけれども。

消費者金融会社に申込をし、審査が通るかどうかを待つのもやはり緊張するものです。最近は最短30分で結果が出るのが当たり前ですから、拍子抜けするぐらい簡単に結果が出てしまうそうですが、審査に落ちたりするとその理由についてとても気になりますよね。自分のどこが行けなかったのか? 過去の履歴に不利な部分があったのではないか? ここでは審査に通りやすくなる3つのポイントを紹介していきたいと思います。

まず、総量規制について理解しましょう。年収の3分の1以上は借り入れができないとする規制のことです。あなたの年収が300万だとしたら100万までしか借り入れができないということになります。すでに他社から100万の融資を受けているのであれば、これ以上は融資できないということになるのですから当然審査は通りません。金融業もビジネスです。利用することができない顧客を獲得するはずがありません。このことをよく理解する必要があります。

次に過去に返済滞納の履歴がないかどうかが問われます。過去の返済実績をもう一度確認しましょう。滞納履歴がある場合は残念ながら審査には通らない可能性があります。滞納癖があるとみなされるからです。返済が送れてしまうような顧客は金融会社としては遠慮したいところですからね。

最後に複数の金融会社に申込をしていないかどうか? A社、B社、C社に同時に申込をしていればおそらくアウトです。浮気はいけません。というよりも金融会社としては返済のためのキャッシングを懸念しているのでしょう。A社の返済のため、B社から融資を受ける。これではいつか破綻してしまいますからね。

以上の3点をクリアできていればおそらく審査は通るはずです。