収入証明書は絶対必須ではない

必須ではない収入証明書。モビットなら提出不要で審査が通るかも

消費者金融との契約に関して必要になってくるのが本人確認証明書類と収入証明書類。本人確認は免許やパスポート。収入証明書は源泉徴収票、給与明細書などです。必須とされているこれらの確認書類ですが、場合によっては収入証明書の提出が不要な会社もあります。消費者金融会社の大手モビットです。

本来なら収入証明書は重要なはずです。返済能力があるかないかを確認するためには必要な書類ですし、また融資限度額を決定するためには欠かせない書類のはず。ではどのような場合に収入証明書が不要なのでしょうか? モビットのコールセンターに問い合わせてみました。

融資希望額が50万円以下の場合は、原則として収入証明書の提出は不要とのことでした。ただし希望額が50万円以下であっても審査の途中で収入証明が必要だと判断された場合は、提出を求めることがあるそうです。「それはどのような場合ですか?」と質問したのですが、審査基準は顧客それぞれで異なるため、一概にはいえないという回答が返ってきました。

収入証明が不要であれば、より申込がシンプルになりますね。ただし、場合によっては提出を求められるという話ですから念のため用意しておいたほうが無難かもしれません。

給与明細であれ、源泉徴収票であれ、提出する際は必ず写しを提出しましょう。というのは提出書類は一切返送されないからです。間違って原本を提出してしまうと二度と戻ってきませんから十分注意しましょう。